2018年母親講座 第20回“親自身の実感”

今年最後の母親講座でした。テーマは  “親自身の実感”でした。

不登校やひきこもりの人達は、今、生きなおすこと(育ちなおし)が起きているともいえます。

子どもの頃は、大人の価値観の中で生きています。成長と共に、次第に自分の価値観を持つようになっていきます。
それが何かのタイミングで、立ち行かなくなったとき……ベースには親の価値観がありますので、子どもの力だけで立ちなおるのは難しいと思います。

SCSカウンセリング研究所では、就学・就業を目的にはしていません。
では何を目的にするのか……?と思われることでしょう。

それぞれの青年が、人生を自分で選んでいくこと(自己実現)を目的にしています。

その中には、就学・就業が入る場合もあるかもしれませんが、ゴールではありません。就学・就業の先もその人の人生は続いていくことを大切に考えています。

子どもが自分で選べる力をつけるまで、親は子どもにとって、安心安全な環境を整えることが求められます。
でも、親も人間ですから、ブレること、揺れることもあると思います。

「それを支え、親が枠を広げ、安定して居続ける」ために、親の講座があります。

世間ではまだあまり言われていませんが、心は段階をふまえて、回復していくことが心理学で分かっております。

不登校やひきこもりにある人は、絶望していることがとても多いです。

「何もする気がおきない、自分の人生はもうおしまいだ…」など、不安や恐れもいっぱいで、心は沢山のエネルギーを使っています。

親が創り出す安心安全な環境があると、やがて希望の灯が灯ると、SCSカウンセリング研究所では考えています。

 

2019年度の母親講座は1月15日からスタートします。

「今年こそ、我が子のひきこもりに取り組みたい…」そんなふうに思い、迷われている方も多くいらっしゃると多いと思います。

ぜひ、一度SCSの講座を体験されてみませんか?

子どもの回復を信じ、一緒に学び、共に歩んで行きましょう。

スタッフ : 坂本崇代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です